トップへ » 当院のポイント » 口腔外科 » 親知らずの抜歯以外の口腔外科治療について

親知らずの抜歯以外の口腔外科治療について

口腔外科治療という言葉は耳慣れないかもしれませんが、親知らずの抜歯のほかにも口の中のできものの切除術など、外科的な処置が必要な場合はたくさんあります。アゴや口腔内に起こるさまざまな病気の診断をして、外科的治療を施します。

●親知らずのほかに口腔外科で扱う疾患の例
・顎関節症(開口障害、顎関節やその周辺の痛み)
・歯に起因する炎症
・口内炎
・良性腫瘍(頬や舌にできものがある)
・顎嚢胞(アゴの骨に腫れがある)
・粘液嚢胞(粘膜に腫れがある)
・舌小帯強直症(舌の下面の突っ張りが強く、舌の動きが悪い、など)
・外傷(口唇、舌、口の中の怪我)
・補綴前処置(上アゴの中央や下アゴの内側に骨の堅い出っ張りがある)


トップへ » 当院のポイント » 口腔外科 » 親知らずの抜歯以外の口腔外科治療について



TOPへ