トップへ » 当院のポイント » 一般歯科(無痛治療) » 麻酔自体の痛みを軽減します

麻酔自体の痛みを軽減します

痛みを抑えるため、麻酔を使用しますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるでしょう。そのため、当院では針の刺し方や刺す角度、また、最初に少量だけ麻酔を入れて、ある程度効いてから必要量を足すなど、細かい部分に気を配りながら麻酔を施します。また、必要であれば表面麻酔や電動麻酔なども使用いたします。

表面麻酔麻酔自体の痛みを軽減
表面麻酔で、皮膚や粘膜の知覚を麻痺させます。塗り薬のように患部に直接塗ることで、麻酔針を刺すときの「チクリ」とした痛みを減らすことができます。

電動麻酔麻酔自体の痛みを軽減
当院では麻酔を注入する際、電動麻酔とよばれる特殊な装置を使用します。電動麻酔は麻酔の注入スピードを調整し、余計な圧力をかけないため、痛み・不快感を抑えることができます。

細い注射針を使用麻酔自体の痛みを軽減
麻酔の際、当院では33ゲージ(0.26mm)の針を使用します。一般的な歯科用注射針の太さは30ゲージ(0.3mm)です。針が細ければ細いほど刺激が少なく、刺すときの痛みが軽減します。


トップへ » 当院のポイント » 一般歯科(無痛治療) » 麻酔自体の痛みを軽減します



TOPへ