トップへ » 当院のポイント » 一般歯科(無痛治療) » 虫歯の進行と治療方法

虫歯の進行と治療方法

CO(シーオー:初期虫歯)CO(シーオー:初期虫歯)
歯が溶け始めて虫歯が始まっている状態です。ただ、穴があいたり、黒くなっている状態ではありません。この段階なら、フッ素入りの歯みがき粉を使ってしっかり歯みがきをおこなえば、再石灰化させることができます。

C1(エナメル質う触)C1(エナメル質う触)
虫歯菌によって、歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされています。そのため、小さな穴ができています。しかし、象牙質まで達していないので痛みはありません。この段階だと虫歯の部分を最小限だけ削り、詰め物をすることで治療は終わります。

C2(象牙質う触)C2(象牙質う触)
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで達しています。冷たい飲み物や、甘いものがしみることが考えられます。触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要になります。

小さい虫歯であれば、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は完了しますが、虫歯が深部まで広がっている場合には患部を削り、型取りをして詰め物を製作して装着することになります。

C3(神経まで達したう触)C3(神経まで達したう触)
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで達しています。激しい痛みを感じるでしょう。神経が死んでしまうと細菌が根の外で炎症を起こします。さらに、膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

この段階になると、根管治療が必要となります。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、歯の根の中をきれいにしてから被せ物をします。

C4(残根状態)C4(残根状態)
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。場合によっては、抜歯しなければならないことがあるでしょう。ただ、治療ができる歯質が残っていれば、C3と同様に根管治療を行なってから被せ物をします。


トップへ » 当院のポイント » 一般歯科(無痛治療) » 虫歯の進行と治療方法



TOPへ