トップへ » 当院のポイント » 口腔外科

口腔外科

当院では親知らずの抜歯をはじめ、口腔外科治療も行なっています。

口腔外科

「親知らずは抜いたほうがいい?」
「親知らずの抜歯は痛いのでは?」

そんな疑問や不安を多くの患者さまが、一度はもったことがあるのではないでしょうか。

当院では適切な診断に基づき、抜く必要があるかどうかの見極めから抜歯に至るまで、親知らずに関するご相談を承っています。親知らずについてお悩みの方、ほかの医院で処置が難しいといわれた方もぜひ一度当院にご相談ください。

そもそも親知らずとは?

親知らずとは、顔の中心の歯から奥の方へ数えて8番目に生えてくる歯のことです。智歯(ちし)または第3大臼歯(だいさんだいきゅうし)と呼ばれています。

親知らずには以下の3つのタイプがあります。

まっすぐタイプ親知らずとは?
普通の歯と同様にまっすぐに生えてきますが、歯の一部または半分ほどが歯ぐきの外にでています。歯の奥の歯ぐきと歯との隙間に汚れが溜まりやすいのが特徴です。

斜め傾きタイプ親知らずとは?
手前の奥歯にぶつかって斜めに生えてきた親知らずです。このタイプは、時間が経過してもきちんと生えることはできません。歯と歯ぐきの間に歯垢がたまりやすく、炎症のリスクが高くなります。

潜水タイプ親知らずとは?
前の奥歯の根元にぶつかるように横に倒れて生えている親知らずです。手前の歯と歯肉の間から細菌が入ると歯周炎を起こす可能性があります。

親知らずを抜くメリット
●親知らずは歯ブラシが届かない位置にあるため、虫歯や歯周病になりやすい
●汚れがたまりやすく周辺の歯にも悪影響を及ぼし、口臭の原因になる
●生え方によっては、歯肉の炎症や腫れ、歯並びの乱れの原因になる
●親知らずがアゴの動きを邪魔して、顎関節症を引き起こす場合がある
●アゴの奥深くに埋まった親知らずが、アゴの骨折の原因になる場合がある

親知らずの抜歯以外の口腔外科治療について

口腔外科治療という言葉は耳慣れないかもしれませんが、親知らずの抜歯のほかにも口の中のできものの切除術など、外科的な処置が必要な場合はたくさんあります。アゴや口腔内に起こるさまざまな病気の診断をして、外科的治療を施します。

●親知らずのほかに口腔外科で扱う疾患の例
・顎関節症(開口障害、顎関節やその周辺の痛み)
・歯に起因する炎症
・口内炎
・良性腫瘍(頬や舌にできものがある)
・顎嚢胞(アゴの骨に腫れがある)
・粘液嚢胞(粘膜に腫れがある)
・舌小帯強直症(舌の下面の突っ張りが強く、舌の動きが悪い、など)
・外傷(口唇、舌、口の中の怪我)
・補綴前処置(上アゴの中央や下アゴの内側に骨の堅い出っ張りがある)


トップへ » 当院のポイント » 口腔外科



TOPへ